バテない、楽に歩ける歩行技術

姿勢・重心・体の動きを実際に見て学ぶ少人数制の講習です

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

「なぜ、歩き方を解説した本はないの?」

登山を始めたばかりの頃から疑問に思っていました。

例えば野球の技術書であれば、投球フォーム(姿勢)が図や写真で、体の動きを細かく解説しています。

しかし、登山の本や雑誌では、「歩幅を小さく」「靴底全面をおく」、程度の記述のみで、これより詳細な解説を見たことがありません。

そのくらい他のスポーツ分野と比べて、登山界は「運動理論」の構築が遅れています。

特に効率的に歩くことで体力の負担が軽減するだけでなく、上手にバランスを保持できれば滑落・転倒による事故を未然に防ぐことが出来るのですが、ネット検索をしても、登山時のバランスや重心に関する情報は、個人ブログレベルの情報しか存在しません。

理論がないのなら「一から作ろう」と私のこれまでの登山経験、ガイド経験を生かして、理論化してきた成果は月刊誌「山と渓谷」でも紹介されました。

効率的で疲れにくい歩き方を指導しています

登山は他のスポーツと違い、常に変化する不整地を歩くため「バランスを崩さずに歩く」ことで疲れにくい効率的な歩行ができます。

特に片足になった瞬間でもバランスを崩さず、筋肉への負担を最小限に留めるためには、姿勢や体の動かし方にコツが必要です。

これまでにも、ブログ登山WEB教室の動画で解説もしてきましたが、確実に体得するには講習会に参加していただくのが最も近道です。

登山歴が長い方でも、「初耳」「目からウロコ」の講習内容ですので、是非、この貴重な機会をお役立てください。

正しい靴の履き方、紐の結び方運動前後のストレッチ、栄養と水分補給についても解説していますので、テント泊や雪山登山など登山のレベルをステップアップしていきたい方には、安定して歩くコツをいち早く掴んで頂ければと思っています。

comment.jpg

膝・大腿筋の負荷を減らす、「姿勢改善」

身体の一部分に負荷が集中すると、膝痛や腰痛などのトラブルに直結します。

負荷が集中するということは、姿勢に偏りがあるケースが多いため、即効性のある姿勢改善の方法もレクチャーしています。

また2018年より講習にビデオ撮影を導入し、一人ひとりの「歩行癖」のチェックを始めました。

本人も気づいていないことが多いですが、人それぞれ、体重のかけ方、筋肉の使い方に偏りがあるものです。

しかし、整形外科に通ったとしても、医師と一緒に実際に歩くことはないので、「歩行癖」を見つけてもらうことはほぼ困難です。

そこで、この講習会では一人一人の歩き姿をビデオ撮影してフォームチェックをしています。

こんな簡単なことで、ご自身の歩行癖を把握して頂くことが出来、それを踏まえて、トラブルへの具体的な対処方法をアドバイスしています。

2017年以前に歩き方講習会を受講されたことがある方も、ご都合が合えば是非とも再受講をおススメします。

各回、満席になり次第締切となりますので、お早めの申し込みをおススメします。

主な講習内容

  1. フラット歩行(ベタ足)と股関節の使い方
  2. 踏み出す足と重心移動のポイント(重心の前後調整)
  3. 二軸歩行と両足のスタンス幅について(重心の左右調整)
  4. 姿勢の違いと全身の筋肉をバランス良く使う方法
  5. 歩き方の癖(筋肉の使い方と重心の置き方)
  6. 日常で出来るトレーニング方法
  7. 膝痛などのトラブルへのアドバイス

参加者の声

一度は二度とやらない、そう思った登山でしたが、一
Read more.
事前講習会で教えていただいた様々なことと、プリン
Read more.
次回の参加が今から楽しみです!
Read more.

ツアー情報

体力度
技術度

2018-19年開催日程

12月23日(日) 大月・高川山
1月5日(土) 六甲・摩耶山
1月27日(日)2月5日(火) 三浦・大楠山
★年に数回、九州・関西でも開催をしています

参加料金
(/1人)
大月・高川山 三浦・大楠山 8,000円
六甲・摩耶山 9,000円
 ★参加費は開催地で異なります
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、講習料、傷害保険料
・講習の最後に飲食店に入り、動画のチェックと講習の振り返りを行います。
ドリンクなどの注文(食事を注文する必要はありません)に必要な費用は各自のご負担となります。
・参加者個人の交通費は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)
中学生~75歳
講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員 8名
最少催行人数 3名

 

集合情報

講習実施場所 三浦・大楠山(241m)
大月・高川山(975m)
六甲・摩耶山(702m)
福岡・若杉山(681m)
富士山麓・双子山(二ツ塚上塚1929m)
集合場所・時刻 12月23日(日) JR中央線・初狩駅改札口前 8:30
1月5日(土) 神戸布引ロープウェイ駅・山麓駅チケット売場前 9:20
1月24日(木)1月27日(日) 京急バス前田橋バス停前 9:00
集合地
への
アクセス

【三浦・大楠山】
JR逗子駅、京急線新逗子駅より京急バス「横須賀市民病院行き」「長井行き」「佐島マリーナ入口行き」を利用して下さい。
バスダイヤはこちらでご確認ください
<マイカーの場合>
登山口近くにはパーキングがないので、周辺のコインパーキングをご案内しますのでご連絡下さい。
パーキングからバスで集合場所まで移動が必要となります。

【大月・高川山】
JR中央線を利用し、JR初狩駅までお越しください。
解散場所からはJR大月駅まで徒歩20分、富士急山梨バスで8分です。
<マイカーの場合>
中央高速・大月ICを利用し、JR大月駅方面へ。
大月駅周辺の駐車場に駐車し、電車で初狩駅にお越しください。
→大月駅の駅近のコインパーキング

【六甲・摩耶山】
神戸布引ロープウェイ・ハーブ園山麓駅までのアクセスについて詳細はこちら
JR新神戸駅から徒歩5分、阪急神戸三宮駅・JR三ノ宮駅からは徒歩20分ほどです。
<マイカーの場合>
集合地となる新神戸駅や三宮周辺、解散地の王子公園駅やその周辺のコインパーキングをご利用ください。
★悪天候時などルートを短縮する必要がある場合は、下山時に摩耶ロープウェイ・摩耶ケーブルに乗車する場合もあります

 

その他

キャンセル料金について cancel.gif
日程変更について 特になし。
開催中止について 大雨警報発令時、台風接近時など悪天時は中止となります。
中止の際は、前日20時までに中止の連絡を致します。
その他 装備のレンタルが可能です。 レンタル品についてはこちらでご確認下さい

 

タイムスケジュール

三浦・大楠山

09:00 京急バス前田橋バス停前集合

    登山口へ移動(途中公衆トイレ立ち寄り)

09:45 登山開始

12:00 大楠山山頂

12:45 下山開始

15:00 南葉山霊園

15:30 ジョナサン横須賀店で講習振返り

16:30 京急バス鹿島バス停にて解散(逗子駅までバスで約30分)

※歩行+休憩+講習の時間合わせて、標準コースタイム1.6倍の時間で設定しています。

大月・高川山

08:30 初狩駅改札口前集合(駅構内にトイレあり)

08:45 行動開始

11:30 高川山山頂・昼食休憩

12:00 下山開始

15:00 ガスト大月店で講習振返り

16:15 ガスト大月店で解散(大月駅までバス8分、徒歩20分)

※歩行+休憩+講習の時間合わせて、標準コースタイム1.6倍の時間で設定しています。

【六甲・摩耶山】

09:20 神戸布引ロープウェイ・ハーブ園山麓駅集合

 ロープウェイでハーブ園山頂駅へ

09:50 登山開始

12:30 摩耶山・掬星台(昼食休憩)

13:00 下山開始(上野道経由)

15:45 王子公園駅近くのロイヤルホストで講習振り返り

17:00 ロイヤルホストで解散

※歩行+休憩+講習の時間合わせて、標準コースタイム1.6倍の時間で設定しています。

※登山ルートやスケジュールなど、時期や天候状況などの理由により変更がある場合があります。

 

日帰りトレッキング装備・服装リスト

 

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

代表ガイド 野中径隆代表ガイド 野中径隆

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報をご確認ください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 申込フォームに入力して、送信してください。

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 

※ダウンロード方法  : ファイル上で右クリック ⇒ 対象をファイルに保存

※上記以外の方法でも受け付けています

  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。もしくは、印刷してFAX(24時間受付)するか、郵送する。( FAX番号、郵送先はこちら

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る