雪に閉ざされた静寂の上高地

日帰りでは体験できない穂高神社・明神池を巡る2日間です

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

上高地の自然本来の姿に触れる

北アルプスの山々に囲まれた上高地は言わずと知れた日本屈指の景勝地であり、4-11月は多くの観光客が訪れる観光地です。

冬の訪れとともに、道路は閉鎖され、春・夏・秋のような華やかさや、人々の賑わいが上高地から無くなります。

訪れる人々の数が減った分だけ、上高地の自然を身近に感じることが出来ます。

冬の間の上高地の主人公は、リスや猿、ウサギなどの野生動物たち、雪道をたどれば、彼らの足跡を多くみることが出来ますし、運が良ければ実際に出会うことも出来ます。

また、冬の北アルプスは晴天率は高くありませんので、晴れていないと綺麗な写真は撮れないかもしれません。

しかし雪に閉ざされている分だけ、モノクロで、幽玄で、神聖さを感じる上高地本来の自然の姿を肌で感じることが出来ます。

登山者の少ない時期に訪れたい「神域」

明神には、穂高岳に降臨したとされる「穂高見命」(ほたかみのみこと)を祀った、穂高神社奥宮と明神池があります。

古の人々は、徳本峠を超えてこの明神に至り、この場所を「神河内(かみこうち)」と呼びました。

冬場でも土日・祝日となると、釜トンネルの入口から日帰りで散策する登山者が多く訪れていますが、LISでは、出来るだけ登山者の少ない静かな時間帯に、ゆっくり訪れてもらいたいと考えて、ツアーを企画しました。

1泊2日で実施することで、日帰りツアーでは立ち入ることが難しい上高地・河童橋よりもさらに奥、穂高神社・明神池まで足を延ばすことが出来ます。

なお、冬の上高地が持つ「静謐さ」を体験して頂けるように土曜日に宿泊する日程では開催していませんのでご了承ください。

雪山初心者の方でもご参加頂けます

夏は車も通る林道沿いをスノーシューで行動します。

スノーシューツアーですので、雪山初心者の方でも防寒ウェア、防寒靴の準備が出来ればご参加頂けます。

ハードシェルはレインウェアでも参加可能です。

基本的には樹林の中の道を歩きますが、冬季ですので吹雪いた場合は、標高1500mの冬の寒さとなりますので、必要な防寒装備など分からないことがありましたら、事前にご相談下さい。

なお、宿泊するのは上高地の中にあるランプと薪ストーブのある素朴で暖かな施設です。
※宿の詳細はその他補足情報欄をご確認ください

写真だけでは伝わらない、北アルプスの厳しい冬の自然を、是非ご自身の体で体験しに来てください。

上高地の魅力を真に味わうことができる2日間ですので、月曜日1日有給を取って行くだけの価値があります。

12月末から3月上旬にかけて、プライベートガイドのご依頼も受け付けていますので、是非ご参加ください!

参加者の声

上高地を独占しているかのような贅沢気分
Read more.
普段歩けない場所を思いっきり歩いて楽しむことが出
Read more.

ツアー情報

体力度  ルート定数「22」
技術度

2019年
募集日程
1月20-21日(日-月) ※3月にも開催予定です
参加料金
(/1人)
38,000円
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、傷害保険料
・参加者個人の交通費(釜トンネルまでのタクシー・バス)・宿泊費(山小屋15,000円)は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)
15~65歳
無積雪期に同じ体力度合いの登山経験がある方
講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員 6名
最少催行人数 3名

 

集合情報

集合場所・時刻  JR松本駅・アルプス口タクシー乗り場付近
集合場所・住所 長野県松本市
アクセス情報

【電車利用の場合】
朝早い集合となるため、JR特急あずさを利用する場合は前日に松本駅に入って前泊する必要があります。
また、茅野、諏訪、岡谷、塩尻の各駅周辺に前泊し、朝の電車で松本駅に移動することも出来ます。
前泊の場合は高速バスを利用することも可能です。

【北陸新幹線利用の場合】
東京駅始発の北陸新幹線かがやき501号を利用し(東京駅6:16発、長野駅7:38着)、長野駅から特急ワイドビューしなの4号(長野駅7:45発)を利用すると松本駅に8:35の到着になります。

JR松本駅集合後はガイド車両で沢渡駐車場まで移動し、そこからタクシーで釜トンネル入口まで移動します。

【マイカー利用の場合】
長野自動車道松本ICより、国道158号線経由で約70分ほど、沢渡駐車場(市営第二駐車場・足湯公園)へ直接お越しください。(要スタッドレスタイヤ装着)
ノーマルタイヤの方は、松本駅周辺のパーキングをご利用ください。

よくあるご質問

よくあるご質問と回答を各ページにまとめましたので、ご確認ください

雪山登山・装備準備に関するよくあるご質問と回答
  • ヒートテックとフリースとスキーウェアでも参加できるでしょうか?
  • ダウンジャケットはどの程度の保温力があればいいですか?
  • 手袋と帽子はどのようなものを用意したらいいでしょうか?
  • フットスパッツ(ゲーター)は夏用(スリーシーズン用)のものでもいいですか?
  • 水筒はペットボトルで大丈夫ですか?
  • ピッケルはどんなものを買ったらよいですか?

山小屋宿泊ツアーに関するよくあるご質問と回答
  • 山小屋の宿泊予約はどうすればよいのでしょうか?
  • 山小屋で食べる夕食、朝食以外の昼食はどのようなものを持参した方がいいでしょうか?

その他補足情報

キャンセル料金について cancel.gif
日程変更について 特になし。
開催中止について 警報発令時など悪天時は中止となります。
中止の際は、前日20時までに中止の連絡を致します。
その他

<山小屋について>
一般的な1泊2日の上高地スノーシューツアーは中の湯温泉など上高地の外の旅館などに宿泊しますが、このツアーは上高地の中の山小屋に宿泊します。
出来るだけWEBサイトに情報を掲載したくないため、山小屋名は参加者の方にのみお知らせします。

山小屋宿泊費は1泊2食15,000円となります。申込者の皆様の宿泊予約はLISが代わりに行っています。
山小屋にはお風呂はありませんが、暖房はあります。
飲み水も手に入ります。

雪山用のアルパインウェアではなく、夏用のレインウェアでも参加OKです。その分、下着(インナー)、中間着、防寒着は温かいものをご用意ください。
登山靴は防寒性のある靴をご用意ください。

★装備のレンタルが可能です。 レンタル品についてはこちらでご確認下さい
なお、開催直前(一週間未満)のお申し込みの場合、レンタルに対応できない場合がありますのでご了承ください。

 

タイムスケジュール

1日目

08:40 JR松本駅集合

09:30 沢渡駐車場
タクシーで移動

10:00 釜トンネル入口・登山開始

12:00 大正池付近で昼食休憩

15:00 宿泊地・到着予定

2日目

06:00 起床・朝食 

08:00 行動開始

14:00 中の湯に下山
 バス乗車

14:15 沢渡駐車場

15:00 竜島温泉せせらぎの湯・入浴

16:30 JR松本駅・解散

 

※登山口や宿泊の山小屋を含め、時期や天候などの理由により行程が変更になる場合があります。

 

装備・服装・持ち物リスト

装備・服装・持ち物については、下記ページで確認お願いします。

 

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

代表ガイド 野中径隆代表ガイド 野中径隆

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報をご確認ください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 申込フォームに入力して、送信してください。

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 

※ダウンロード方法  : ファイル上で右クリック ⇒ 対象をファイルに保存

※上記以外の方法でも受け付けています

  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。もしくは、印刷してFAX(24時間受付)するか、郵送する。( FAX番号、郵送先はこちら

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る