岩場を安全に歩く、少人数制講習

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

岩場や急斜面での、安全・確実な行動を学ぶ

低山であっても岩場を通過する箇所があります。

さらに、北アルプスの穂高など高山を目指す登山者は、万が一滑落すれば大事故に繋がる長いルートを安全確実に歩ける技術が必要になります。

しかし、岩場歩きは最初から得意な方と、何度歩いても苦手な方が存在するのも事実です。

岩場が苦手な方、恐怖心がある方は、ただ経験を重ねるだけではなかなか慣れることが出来ない傾向があります。

この講習会では、岩場歩きの経験が少ない方、岩場が苦手な方を対象に実施しています。

michimichi

要点を押さえて、体の使い方、動作を、確認しながら講習を行っています。

定員4名の超少人数で実施しますので、動作に対して個別にアドバイスを行いながら講習を行います。

講習内容

  1. 三点支持
  2. スメアリングとフラット歩行
  3. 岩場での足の置く位置、手の置く位置
  4. 登りと下り(クライムダウン)の注意点
  5. 鎖・ロープなどの支点、木の枝、岩の安全度の確認
  6. 複数名で岩場を通過するときの注意点
  7. 鎖やロープの安全な利用法
  8. スリングとカラビナの活用方法
michimichi

登山では「転・滑落」事故が最も致命的な結果につながります。この講習会では、岩場が連続するルートを歩き、安全に歩く動作と、安全確保技術など一般登山に必要な基礎技術を指導しています。

「岩場歩き」に特化して指導を行いますので、基礎的な歩行技術については講習内容に含まれません。
そのため、先に山の歩き方講習会 もしくは 山の歩き方講習会 2Days を受講してください。
上記2講習を受講完了後に、本講習の申込を受け付けていますのでご注意ください。

また、岩場のない山道では基本的な歩行に問題がなく、休憩時間を含めて標準コースタイムの1.2倍以内のペースで、丹沢の鍋割山など標高差1,000m程度の日帰りルートを登り下り出来ることを前提に講習を行っています。

参加者の声

⇒ SNS(twitterなど)の参加者レポートはこちら掲載しています
なぜ苦手なのかが良くわかりました
Read more.
後ろ向きになった瞬間見えてた足場がきえていきます
Read more.
手の置き方足の置き方などは大変勉強になりました
Read more.
教わったことを繰り返し実践できるルートで良かった
Read more.
次は試してみたいという気持ちになってきました
Read more.
教え方もわかりやすかったです
Read more.
大好きな登山が続けられそう!と少し自信が付いた気
Read more.
少し楽しいかも!という気持ちが湧いた自分にびっく
Read more.
盛りだくさんの内容で、とても充実した一日になりま
Read more.

ツアー情報

体力度 十二ヶ岳(富士五胡) ルート定数【19.6】
技術度

2022年
開催日程

11月26日(土)
12月4日(日) ★12月日程は10月29日(土)20時募集開始
19:59以前に届いた申込は30日0:00に申し込みが届いたものとして取り扱いますのでご注意ください

次回日程は4月を予定しています。

空席状況はこちらのページをご確認ください

開催実績

【2019年】4月20日(土)、5月11日(土)、5月31日(金)、6月6日(木)、12月8日(日)、12月21日(土)
【2020年】6月27日(土)、11月8日(日)、11月9日(土)、11月15日(日)、12月12日(土)
【2021年】6月11日(金)、6月20日(日)、7月10日(土)、11月6日(土)
【2022年】5月20日(金)、5月29日(日)、7月31日(日)、10月16日(日)

参加料金
(/1人)
20,000円
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、講習料、傷害保険料
・参加者個人の交通費は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(年齢応相談)

山の歩き方講習会もしくは登山歩行技術講習 2Daysを受講済みの18-70歳

★申込フォームの要望欄に必ず、講習の受講年月日をご記載下さい
また、上記年齢外の方は別途ご相談ください。

講習の受講歴と合わせて、傾斜のキツい上り下りのあるルートを歩きますので、
標高差1000m程度のルートを登山地図の標準コースタイムに対して(休憩時間を含め)1.2倍程度の時間内で登山出来る体力が必要です

毛無山への到着時刻が遅い場合など、毛無山までの歩行ペースに付いてこれない場合は、その時点で講習を途中離脱して頂く場合があります。
直近に登山が出来ておらず体力が落ちている場合などはご注意ください。
なお、10-12月の開催は下山中に日没となりヘッドライトを使用します。暗い中での下山に自信がない方は4-6月日程にご参加ください。

参加対象
【補足】

本講習のご参加にあたって

山の歩き方講習会もしくは登山歩行技術講習 2Daysを受講済みであることは絶対条件です。

岩場での身のこなしや急斜面での歩行の前提として、重心移動と歩行の関係性を理解していることが重要だと考えているからです。
他の事業者で歩き方の講習を受講されていたり、山岳会で歩行技術を学んだという方もいらっしゃると思いますが、何卒ご理解をお願い致します。

講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員 4名
最少催行人数 3名

集合情報

講習実施
場所
十二ヶ岳(1683m)
集合場所
・時刻
富士急行線河口湖駅改札口前
8:30
アクセス

<十二ヶ岳>
JR大月駅より富士急行線を利用して下さい。

河口湖駅から登山口間はガイドの車で送迎を行います。
マイカー利用の方は9:00に直接、毛無山登山口の登山者用駐車場(下記地図参照)に集合してください。
駐車場情報(google map
また、下山が遅れた場合は、最短ルートで下山し、毛無山登山口駐車場までバスを利用する場合があります

その他

申込時の注意点 必ず申込時に、山の歩き方講習会の受講日(何年何月)を「要望・質問」欄に明記して頂くようお願いします
キャンセル料金について
〈募集ツアー・講習会〉
キャンセル期間
キャンセル料金
申込日~15日前
10%
14日~8日前
30%
7日~5日前
50%
4日~2日前
70%
前日・当日
(及び連絡なし)
100%
日程変更について 特になし。
開催中止について 小雨であれば決行しますが、岩場が濡れたり、落石の危険があるためまとまった雨が降る場合は開催中止となります。
前日に大雨が降った場合など岩場の状況が悪い場合も中止となる可能性があります。
中止の際は、前日20時までに中止の連絡を致します。
必要装備について

この講習では、下記にリンクを掲載している装備・服装リストのものに加えて、岩場歩き用の装備が必要になります。

ヘルメット  登山用のヘルメット
ハーネス   登山・クライミング用ハーネス(着脱が容易なアルパインハーネス推奨)
スリング   120cmのテープ・スリング
カラビナ   安全環付きカラビナ(スクリューロック式でHMSタイプを推奨)
ヘッドランプ 頭に着けることが出来れば、どんなものでもOKです
下山も急斜面な場所がありますので、ポールを1本お持ちになることをオススメします。
またヘルメット装着時にはツバが広いハット帽は視野が狭くなるため適しません。前方だけにツバのあるキャップ帽にするか帽子をかぶらないようにご注意ください。

【装備携行の注意点】
岩場の続く登山道で行動しますので、でき限り荷物はコンパクトに軽量化して持参してください。
また、岩場の登下降時は極力ザックの外側に「外付け」をしないようにご注意ください。
水筒などをサイドポケットに入れている場合は脱落防止の措置をするか、ザックの中に収納するようにしましょう。
また、サコッシュやショルダーは極力避けて、使用する場合は最低限のコンパクトなものを推奨します。
ウエストバックはハーネス装着時には使用できません。

装備レンタルも行っています。
レンタル品についてはこちらでご確認下さい

タイムスケジュール

十二ヶ岳

08:30 富士急行線河口湖駅改札口前集合

09:15 毛無山登山口・登山開始

11:00 毛無山山頂・昼食休憩

11:40 行動再開・毛無山-十二ヶ岳間の岩場へ

 コース中、随時講習をしながら進みます

14:45 十二ヶ岳山頂

17:30 毛無山登山口帰着

18:00 河口湖駅・解散

※登山ルートやスケジュールなど、時期や天候状況などの理由により変更がある場合があります。

日帰りトレッキング装備・服装リスト

日帰りトレッキング装備・服装リスト(別ページへ移動)

この講習会では、上記の装備以外にヘルメットなどの岩場用装備が必要になります。
詳しくは上部の「必要装備について」をご確認ください。

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

michimichi

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報をご確認ください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 申込フォームに入力して、送信してください。

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 

※ダウンロード方法  : ファイル上で右クリック ⇒ 対象をファイルに保存

※上記以外の方法でも受け付けています

  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。もしくは、印刷して郵送する。( 郵送先はこちら

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る