剱・立山の雄大な雪景色の世界へ

 

 

春の唐松岳の登頂を目指して

唐松岳は夏は日帰り登山も可能な山ですが、厳冬期は吹雪やラッセル、ホワイトアウト、雪崩などのリスクが大きく、気軽に登頂できない厳しさを持っています。
寒さや天候の落ち着くゴールデンウィーク以降は雪も安定し、日帰り登頂がしやすい環境になります。
残雪期といっても景色を眺め楽しみながら登頂するためには時間にゆとりが必要ですので、リフト最上部にある八方池山荘に前泊を行います。
北アルプス北部の後立山連峰や、立山・剱がまだまだたっぷりと雪をまとい、夏山では見ることが絶景を楽しむことが出来る登山です。

michimichi

展望の開ける八方尾根、森林限界を超えた展望の良い雪稜を登り詰めていく、残雪期登山の醍醐味を味わえます

それでも、悪天候はアイスバーンやホワイトアウトなどリスクを伴った登山になる場合があります。
森林限界を超えた山だからこそ、ガイドと一緒に登ることで確実な雪山登山を体験できます。

ピッケル・アイゼン・ヘルメットなどレンタルが可能です。
装備購入や準備についてはいつでもご相談ください。

 

ツアー情報

体力度  ルート定数「26.5」
技術度

2022年
開催日程

5月7-8日(土-日)
5月7日午後に八方池山荘に現地集合、5月8日に日帰り登頂します。
雪山登山企画(講習・ツアー)は開催日の2日前の23時が申込締切です。

参加料金
(/1人)
2日目登頂ツアー参加 39,000円
1日目の半日講習+2日目登頂ツアー参加 43,000円
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、傷害保険料
・参加者個人の交通費(リフト・バスなど)、山小屋宿泊費は各自のご負担となります。
【参考】八方池山荘・1泊夕食11,500円(税込み)となります。
・参加費の割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)

18~70歳
無雪期に同等以上の標高差の登山経験があること
初期制動と滑落停止技術など、アイゼン歩行とピッケルの使い方を講習会で習い、習得している必要があります。
講習会で習得していない方は1日目の講習からご参加ください。
アイゼン・ピッケルを使い慣れていない、最近使っていない方も講習へのご参加を推奨します。
2日目からの登頂ツアーのみに参加される方は、申込時に講習受講歴(主催者・講習会名・参加年)を必ず記載して下さい。(エクセルファイルは16番項目欄、申込フォームは要望質問の欄に記載)

講師・ガイド 松尾康弘(日本山岳ガイド協会認定・登山ガイドステージ3) 野中径隆
参加定員

6名

最少催行人数

4名

集合情報

開催場所 北アルプス・唐松岳(2,695m)
集合場所・時刻

八方池山荘 15:30 1日目講習参加の場合12:00

アクセス情報

<マイカー利用>
長野自動車道・安曇野ICより国道148号線経由かを白馬村方面へ。
白馬八方の駐車場までお越しください。
白馬八方スキー場のゴンドラ・リフトを乗り継ぎ、八方池山荘までお越しください。

<電車利用>
JR松本駅経由で大糸線白馬駅まで移動して、路線バスで白馬八方へ。または北陸新幹線長野駅からバス「長野-白馬線」を利用して白馬八方へお越しください。

<飛行機利用>
信州まつもと空港発着便については こちら>>>(外部サイト・信州まつもと空港のページ)をご確認ください。
ただし、当日集合に間に合う便がない可能性があることと、空港から白馬村へ直行するバスはないことにご注意ください。

【ゴンドラ情報】八方尾根ゴンドラリフト「アダム」、アルペンクワッド、グラートクワッドを乗り継ぎます。
山麓から山頂まで乗り継いで約30分程度です

よくあるご質問

よくあるご質問と回答を各ページにまとめましたので、ご確認ください

雪山登山・装備準備に関するよくあるご質問と回答
  • ヒートテックとフリースとスキーウェアでも参加できるでしょうか?
  • ダウンジャケットはどの程度の保温力があればいいですか?
  • 手袋と帽子はどのようなものを用意したらいいでしょうか?
  • フットスパッツ(ゲーター)は夏用(スリーシーズン用)のものでもいいですか?
  • 水筒はペットボトルで大丈夫ですか?
  • ピッケルはどんなものを買ったらよいですか?
  • 登山計画書は個人で提出した方がいいでしょうか?

山小屋宿泊ツアーに関するよくあるご質問と回答
  • 山小屋の宿泊予約はどうすればよいのでしょうか?
  • 山小屋で食べる夕食、朝食以外の昼食はどのようなものを持参した方がいいでしょうか?
  • 着替えはどの程度用意した方がいいでしょうか?

その他

キャンセル料金について
〈募集ツアー・講習会〉
キャンセル期間
キャンセル料金
申込日~15日前
10%
14日~8日前
30%
7日~5日前
50%
4日~2日前
70%
前日・当日
(及び連絡なし)
100%
日程変更と開催中止について 大雨警報発令時、台風接近時など悪天時は中止となります。
悪天候が予想される場合は、開催前々日20時までに中止判断をします。
また、八方尾根スキー場のゴンドラ・リフトが運休になった場合は開催を中止する可能性があります。
その他

<山小屋利用と食事について>
2日目の山頂往復時ですが不要な荷物は置いて登ることができます。
インナーシーツ(シュラフカバーでも可)をご持参ください。
山小屋は夕食付で宿泊します。
1日目の朝食・昼食は持参するか、山小屋のお弁当1500円が利用できます。
カップ麺など暖かいものを食べられるようご準備いただくのがオススメですが、強風時などお湯が沸かしづらい環境もありえます。
保温水筒を持参するなどお湯を沸かせないことも想定して、ご準備ください。

<尻セード(尻滑り用)装備について>
一部緩斜面では下山時に尻セードで下山できる場合があります。
尻滑り用パンツやヒップそりを持参しておくと、摩擦でオーバーパンツがダメージを受けることを防げます。
尻滑り用のパンツとしては安物のレインパンツや使い古したレインパンツが適しています。

装備のレンタルが可能です。 レンタル品についてはこちらでご確認下さい

タイムスケジュール

1日目

【講習からご参加の方】

12:00 八方池山荘集合

 昼食

12:15 講習開始

15:30 八方池山荘に帰着

【2日目のみのご参加の方】合流

 翌日の予定・行動の確認

18:00 夕食

 気象と読図に関するミニ講習、翌日の行動準備

20:30 就寝予定

2日目

03:45 起床・登山準備

04:30 登山開始

06:30 八方池

10:15 唐松岳山頂

10:30 下山開始

13:30 八方池

14:50 八方池山荘・解散

 山小屋で荷物回収後、15:30が最終リフトです

 ★休憩を含め標準コースタイムの1.3倍ペースで行動します

※天候などの理由によりスケジュールが変更になる場合があります。

装備・服装リスト

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

michimichi

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報をご確認ください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 申込フォームに入力して、送信してください。

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 

※ダウンロード方法  : ファイル上で右クリック ⇒ 対象をファイルに保存

※上記以外の方法でも受け付けています

  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。もしくは、印刷して郵送する。( 郵送先はこちら

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る