ライチョウの生態を学びながら歩きます

ptarmigan_40
ptarmigan_41
ptarmigan_24
ptarmigan_25
ptarmigan_26
ptarmigan_27
ptarmigan_28
ptarmigan_29
ptarmigan_30
ptarmigan_31
ptarmigan_32
ptarmigan_33
ptarmigan_34
ptarmigan_35
ptarmigan_36
ptarmigan_37
ptarmigan_38
ptarmigan_05.jpeg
ptarmigan_04.jpeg
ptarmigan_07.jpeg
ptarmigan_08.jpeg
ptarmigan_10.jpeg
ptarmigan_13.jpeg
ptarmigan_09.jpeg
ptarmigan_12.jpeg
ptarmigan_14.jpeg
ptarmigan_23.jpeg
ptarmigan_16.jpeg
ptarmigan_17.jpeg
ptarmigan_18.jpeg
ptarmigan_20.jpeg
ptarmigan_21.jpeg
ptarmigan_01.jpeg
previous arrow
next arrow
ptarmigan_40
ptarmigan_41
ptarmigan_24
ptarmigan_25
ptarmigan_26
ptarmigan_27
ptarmigan_28
ptarmigan_29
ptarmigan_30
ptarmigan_31
ptarmigan_32
ptarmigan_33
ptarmigan_34
ptarmigan_35
ptarmigan_36
ptarmigan_37
ptarmigan_38
ptarmigan_05.jpeg
ptarmigan_04.jpeg
ptarmigan_07.jpeg
ptarmigan_08.jpeg
ptarmigan_10.jpeg
ptarmigan_13.jpeg
ptarmigan_09.jpeg
ptarmigan_12.jpeg
ptarmigan_14.jpeg
ptarmigan_23.jpeg
ptarmigan_16.jpeg
ptarmigan_17.jpeg
ptarmigan_18.jpeg
ptarmigan_20.jpeg
ptarmigan_21.jpeg
ptarmigan_01.jpeg
previous arrow
next arrow

 

山頂に行くのではなく、ライチョウに会いに行くツアーです

ニホンライチョウは世界で最も緯度の低い地域に生息し、人間を恐れないなど、独自の生態をもつ希少な野生生物です。

森林限界に位置する山小屋に1泊しつつ、ライチョウなどの野生生物や高山植物を探しながら歩きます。
ただ、自然相手のことですので当然「会えない」可能性もあります。
ライチョウなどの高山帯に住む生き物や高山植物を観察しながら歩く2日間を予定しています。

登山口に宿泊すれば、山頂への往復だけなら日帰り登頂が可能なルートですが、そこをあえて1泊2日で登ることで、日中の登山中だけでなく、夕方や早朝のタイミングに山小屋周辺でライチョウに出会えるかもしれません。

季節に応じて様々な生態を見ることが出来ます

夏山シーズン前のアルプスは、まだまだ登山道に雪が残り、登山者が少ない時期です。
しかし、この時期はライチョウが繁殖期を迎えて、オス同士が縄張り争いをするなど活動が活発になる季節でもあります。
また、6月中旬頃は梅雨入りする初期にあたり、梅雨前線が本格的に日本列島に停滞する前ですので本格的に雨が降り続きにくいタイミングです。
曇りがちな天気の方が雷鳥に出会いやすいこともあり、この季節はライチョウ観察に適しているとも言えます。

7-8月はライチョウのヒナが孵り、子育てが始まる時期になります。
残雪期と異なって登山道も歩きやすくなることに加え、まだ小さなヒナを連れた親子ライチョウの愛らしい姿を見ることが出来ます。

michimichi

時間にゆとりがあるので高山植物の姿を写真におさめたりしながら歩きます。

ガイドと一緒に歩くことで、雷鳥の生態に詳しくなり、雷鳥の痕跡や雷鳥の姿を発見しやすくなります。
このツアーに参加することで、きっとあなたも雷鳥通になれること間違いなしです。

残雪期のツアーについては、アイゼンもしくはチェーンスパイクをご用意ください。
別途詳細を記載しています。

また、ライチョウを撮影するにあたり、必要以上に追いかけまわしたり、急な動きをしたり、接近し過ぎての撮影は出来ません。
自然環境保護のため、登山道を外れることは避け、雷鳥を暖かく見守っていただくようお願い致します。

参加者の声

⇒ SNS(twitterなど)の参加者レポートはこちら掲載しています

ライチョウに会いに行くツアー 仙丈ケ岳 202
Read more . . .
 
ライチョウに会いに行くツアー 仙丈ケ岳 202
Read more . . .
 
ライチョウに会いに行くツアー 仙丈ケ岳 202
Read more . . .
 

ツアーの様子

ツアー情報

体力度 爺ケ岳 ルート定数「35.9」
仙丈ケ岳 ルート定数「27.7」
立山 ルート定数「18」
技術度

爺ケ岳 B 
仙丈ケ岳 C 
立山 C

開催期間 6月中旬~8月中旬
期間中はプライベートガイドが実施可能です。
2024年
募集日程

仙丈ケ岳 6月15-16日(土-日)
 4月19日(金)20:00募集開始です。19:59以前に届いた申込は翌日0:00に申し込みが届いたものとして取り扱いますのでご注意ください

開催実績 【2022年】6月19-20日(日-月)仙丈ヶ岳、8月14-15日(日-月)北アルプス爺ヶ岳
【2021年】6月12-13日(土-日)立山
参加料金
(/1人)
仙丈ヶ岳 38,000円
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、傷害保険料
・参加者個人の交通費・宿泊費は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)
10~70歳
半年以内に標高差1000mを超える日帰り登山を標準コースタイムの1.4倍以内の歩行ペースで歩けている方
講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員 6名
最少催行人数 3名

 

集合情報

集合場所・時刻 

「爺ヶ岳」 扇沢駅バス停 7:50
「仙丈ケ岳」 仙流荘前 8:00
「立山」 室堂ターミナル 10:10

集合場所・住所 「爺ヶ岳」  長野県大町市
「仙丈ケ岳」 長野県伊那市
「立山」 富山県立山町
アクセス情報

爺ケ岳
<マイカー利用>
中央自動車道・安曇野ICより国道147号線経由で60分ほどで扇沢駅に着きます。
扇沢駅周辺の駐車場に車を停めてバス停にご集合ください。ただし、お盆になるため駐車場は混雑します。出来る限り電車バスを利用されることをオススメします。
<電車・バス利用>
JR松本駅から大糸線を利用し信濃大町駅まで移動し、ここから扇沢駅行きのバスをご利用ください。
信濃大町駅周辺で前泊をされる場合は、長野駅からのバスも利用可能です。また、扇沢へアクセスする高速バスもあります

信濃大町駅-扇沢駅間のバスの情報↓
>>>(外部サイト・アルピコ交通)

仙丈ケ岳
<マイカー利用>
中央自動車道・伊那ICより国道361号線経由40分、中央自動車道・諏訪ICより国道152号線経由60分ほどで戸台パークバス停(仙流荘)の駐車場に着きます。
7:30頃からバス乗車券の販売が始まりますので、先に到着された方は往復切符を購入してお待ちください。
<電車利用>
JR中央本線茅野駅に6:30に集合し、ガイド車で移動します。
下山後も茅野駅まで同乗可能ですが車への同乗は申込先着4名までとなります。

前泊をされる方は集合地の仙流荘に宿泊が可能です。仙流荘まではJR伊那市駅から高遠駅までJRバスを利用し、高遠駅から伊那市営長谷循環バスを利用して仙流荘に移動できます

南アルプス林道バスの情報↓
北沢峠までのバス情報>>>(外部サイト)

立山
<マイカー利用>
立山黒部アルペンルートは長野県側、富山県側からアクセスが可能です。
アクセスや駐車場についてはこちら(外部サイト)をご確認ください
<電車利用>
長野県側はJR大糸線信濃大町駅、富山県側からは北陸新幹線富山駅を経由してアクセスします。
アクセス方法についてはこちら(外部サイト)をご確認ください
<航空機利用>
長野県側は信州まつもと空港、富山県側からは富山きときと空港が利用できます。
アクセス方法についてはこちら(外部サイト)をご確認ください

アルペンルートの時刻表についてはこちらで最新情報をご確認ください。
立山黒部アルペンルート時刻表>>>(外部サイト)

 

その他

キャンセル料金について
〈募集ツアー・講習会〉
キャンセル期間
キャンセル料金
申込~60日前
20%
59日~40日前
30%
39日~20日前
50%
19日~10日前
60%
9日~4日前
70%
3日~2日前
80%
前日・当日
(及び連絡なし)
100%
日程変更について 特になし。
開催中止について 大雨警報発令時、台風接近時など悪天時は中止となります。
中止の際は、前日20時までに中止の連絡を致します。
その他

【開催日程について】
6月日程は6月に入ってから山小屋予約が開始されるため、山小屋予約状況によりやむおえず開催日程が変更になる可能性があります。
開催日程が変わり、参加が出来なくなった場合はキャンセル料は不要です。

【アイゼン他の必要装備について】
6月開催日程は雪渓を通過する際に6本爪軽アイゼンかチェーンスパイクが必須装備となります。
軽アイゼン・チェーンスパイクはレンタルも行っています。 レンタル品についてはこちら

【宿泊について】
種池山荘1泊2食付き13,000円、仙丈小屋1泊2食13,000円、一の越山荘1泊2食11,000円が必要です

【食事について】
1日目は登山中に昼食休憩をとりますので各自ご持参下さい。夕食は山小屋で食べます。
2日目は山小屋で朝食弁当をもらい、行動開始前に食べるか、休憩時に食べます。下山がお昼になりますので2日目の昼食は軽めの行動食でいいのでご持参下さい。
宿泊する山小屋でのみ飲料水が確保できます、集合時には一日の行動に必要な量の飲料をご用意ください。

【水場について】
種池山荘は宿泊者は水1ℓまで無料です。仙丈小屋は水場があり、水場がまだ設置されていない時は山小屋で水をもらえます。お湯は500ml・200円です

【荷物預けについて】
下山後に必要な荷物(着替えや履き替え靴)などは扇沢駅にロッカーがありますので集合時にお預けください。詳しくはコチラ
仙流荘・北沢峠には荷物を預けること場所がありませんのでガイド車でお預かり可能です。

 

タイムスケジュール

爺ケ岳

1日目

07:50 扇沢駅バス停・集合

 登山準備・登山口へ移動

08:15 登山開始

13:30 種池山荘到着

 1時間程度休憩後、夕食まで山小屋周辺散策

20:00頃 就寝

2日とも休憩を含め標準コースタイムの約1.4倍の時間で行動します

2日目

03:00 起床・朝食

04:00 登山開始

05:00頃ご来光

05:30 爺ヶ岳登頂(中峰)・その後北峰まで往復

07:30 種池山荘・帰着

 1時間休憩

08:30 下山開始

12:30 扇沢駅・帰着

12:45 解散

仙丈ケ岳

1日目

08:00 戸台パーク(仙流荘前)バス停集合

 8:05バス乗車

09:00 北沢峠・バス到着

09:15 登山開始

 小仙丈ケ岳経由

15:15 仙丈小屋到着

 夕食まで山小屋周辺散策

20:00頃 就寝

休憩を含め標準コースタイムの約1.4倍の時間で行動します

2日目

04:15 起床・朝食

07:00 登山開始

07:30 仙丈ヶ岳山頂(山小屋から最短ルートで上がります)

07:45 下山開始

 小仙丈ケ岳経由

12:00 北沢峠到着

13:10 バス乗車

13:55 戸台パーク(仙流荘前)・解散

休憩を含め標準コースタイムの約1.5倍の時間で行動します

立山

1日目

10:10 室堂ターミナル・集合

10:30 行動開始

 ミクリガ池・ミドリガ池・玉殿の岩屋を周回

12:00 室堂山荘付近で昼食休憩

12:45 登山再開

14:15 一の越山荘到着

 夕食まで山小屋周辺散策

20:00頃 就寝

休憩を含め標準コースタイムの約1.6倍の時間で行動します

2日目

04:00 起床

04:30 登山開始

05:30 浄土山・山頂

06:30 一の越山荘

07:30 下山開始

09:45 雷鳥沢キャンプ場

11:15 みくりが池温泉・昼食休憩

 室堂周辺を散策

13:00 室堂ターミナル到着・解散

休憩を含め標準コースタイムの約1.5倍の時間で行動します

 

山小屋宿泊ツアー装備・服装リスト

山小屋宿泊ツアー装備・服装リストは、下記ページに掲載しています。

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

michimichi

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

LINE公式アカウントのご案内(特典など)

LISでは2つのLINEアカウントがあります。

  • ① 「ネイチャーガイド・リス 公式LINEアカウント」
  • ② 「LIS・直前空席情報お知らせ LINEアカウント」

 

①「ネイチャーガイド・リス 公式LINEアカウント」の特徴・特典

michimichi

「ネイチャーガイド・リス公式LINEアカウント」は、従来から登山のお役立ち情報やガイドツアー情報などを配信していたメールマガジンの後継として設けました。「早期申込」特典など様々な登録特典がありますので、ぜひご活用ください!

  • (NEW!) 登録者はガイドツアー・講習会を1日早く申し込める「早期申込」が可能詳しくはこちら
  • ガイドツアーの開催予定情報・登山のお役立ち情報等を月1回程度配信
  • 動画数60以上の「登山WEB教室」の完全版を閲覧可能(詳しくはこちら

友達追加お待ちしてます!(いつでも解除可能です)

 \ 👇こちらからご登録ください /

 

②「LIS・直前空席情報お知らせ LINEアカウント」の特徴・特典

michimichi

人気の講習会(山の歩き方講習会など)やツアーでは、募集開始まもなく満員となることがあります。しかし、申込者の様々なご事情(ケガ・体調不良)により、開催日近くでキャンセルが発生する場合があります。

空席情報を早く知りたい方のためのLINEとなります。満席になってしまった日程への参加を希望される方は、こちらも併せてご登録をおすすめします。

  • 「キャンセルによる空席情報」を即時配信します。(いち早く空席情報を受け取ることが出来ます)(詳しくはこちら
  • ※受付は申込み連絡が早かった方からの”先着順”になります。
    ⇒ 
    申込みにより空席情報に変更が出た場合は「空席情報ページ」にお知らせします。詳しくはこちら

\ 👇こちらからご登録ください /

 

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報を確認してください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 参加者一人につき、1件ずつ申込フォームを入力して、送信してください。
  4. 募集開始日時以降に申し込みをお願いします。
    LINE登録特典の「早期申込※」を利用する場合は募集開始日時の24時間前から、「優先申込※」を利用する場合はホームページに情報掲載後いつでも申込可能です

※早期申込・優先申込
通常の申込とは異なり、募集開始日時前に申込みできる早期申込と優先申込があります。詳しくはこちらをご確認ください

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 ※上記以外の方法でも受け付けています
  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。