負担の少ない歩行技術を1泊2日で学ぶ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

主に乗鞍岳の写真を掲載しています

どうしたら負担が少なく、安定して歩けるのか?

これまで「歩き方」の指導を行ってきて、多く質問頂いて来たのが、「膝痛を防ぐ方法」「下山でスリップしない歩き方」「急斜面を楽に上り下りする方法」などです。
どんな質問を頂いても、私のお答えはほとんど変わらす、この2点に集約されます

  1. まずは基本となる、体に負担の少ない運動理論を理解し、自身の体に覚えさせる
  2. そして、トラブル要因となる自分自身の「癖」を発見し、矯正すること

運動理論の理解と実践

他のスポーツと同じで、登山でも歩行時に効率のいい歩き方と、悪い歩き方があります。
もう少し細かく説明すると、姿勢と重心の掛け方、重心の移し方が得意か、不得意で、体への負担が変わってきます。

そして、効率の良い体の使い方のコツを特に誰に教わらなくても自然に体得できた方は、筋力や心肺機能の向上、経験値の積み重ねに伴って、どんどん歩行能力が向上していきます。
その反面、体の使い方が得意でない方は、筋力や心肺機能が高まり、経験を積み重ねても、何らかのトラブルに直面しやすいのです。

近年は、登山雑誌でも運動理論に基づいた歩行技術の解説が掲載されるようになりましたので、理想的な歩き方を理解しやすくなってきました。
しかし、頭で理解しても、実際に理想通り体を動かすのは難しいのです。
理想通りには体が動かないからこそ、トラブルに直面しているとも言えます。

そこで、LISでは実際に山道を歩きながら体の使い方を指導する講習を長年続けてきました。
指導者の動く姿を実際に目にして、さらにご自身で試行錯誤しながら体を動かすことで、姿勢や重心の違いが、歩きにどのような変化をもたらすのか、ひたすら体感することが大切だと考えています。

夏山シーズンを前に弱点と癖を見つけて、歩行能力を底上げする

日帰り講習会として「山の歩き方講習会」を開催してきましたが、この講習会は夏山シーズンを前に、2日間かけてしっかり歩行能力を底上げすること、筋肉痛や関節痛などのトラブルの起こらない体づくりをサポートすることを目的としています。
特に、日帰りの講習会では時間的な制約があって難しい、弱点や癖を矯正するための個別指導を行います。

登山時にトラブルが発生するということは必ずその原因が存在します。
人間誰しも、歩き方に癖があり、体の使い方にも偏りがあって当然なのですが、その偏りが顕著であるほどトラブルは起こりやすくなります。
また、自分自身の癖は疲れてくると、顕在化してきて、制御が難しくなる傾向があります。

1日目の夜に動画チェックをした後、弱点・癖の矯正が実現できるよう、参加された方一人一人に個別のアドバイス・助言を行います。
そして、2日目には注意点を意識して歩行を修正しながら歩きます。

主な講習内容

  1. フラット歩行(ベタ足)と股関節の使い方
  2. 踏み出す足と重心移動のポイント(重心の前後調整)
  3. 二軸歩行と両足のスタンス幅について(重心の左右調整)
  4. 姿勢の違いと全身の筋肉をバランス良く使う方法
  5. 歩き方の癖(筋肉の使い方と重心の置き方)
  6. 日常で出来るトレーニング方法
  7. 膝痛などのトラブルへのアドバイス
  8. 動画チェックと個別指導
  9. 運動後のアフターケア

低山と異なり、開催地となる大菩薩嶺・乗鞍岳共に、段差の多い道があり、天然の地形を活用して講習を行うことができます。
なお、講習を目的としていますので、天候などの条件が適さない場合は、登頂は行わず、ルートを変更するなど安全に配慮して講習を行います。
また、開催地自体を変更して実施する場合もありますので、ご了承ください。

※1泊2日の講習会にご参加が難しい方は、日帰り企画の「山の歩き方講習会」へのご参加もご検討ください。

ツアー情報

体力度 大菩薩嶺 ルート定数「14.5」
乗鞍岳 ルート定数「16.2」
技術度

2021年開催日程

6月26-27日(土-日) 大菩薩嶺

★宿泊予約の関係上、申込締切を6月20日とします。また、悪天候の場合は翌週7月3-4日(土日)に延期します。

参加料金
(/1人)
 35,000円
参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、講習料、傷害保険料
・山小屋宿泊や現地での飲食にかかる必要な費用は各自のご負担となります。
・集合地までの交通費は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)
高校生~75歳
講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員 8名
最少催行人数 3名

 

集合情報

講習実施場所

大菩薩嶺周辺(山梨県甲州市)

乗鞍岳周辺(長野県松本市)

集合場所・時刻

大菩薩峠登山口バス停 10:40

乗鞍高原観光センター・バス停 11:45 

集合地へのアクセス

大菩薩嶺
【電車利用の場合】
JR中央線を利用し、JR甲斐大和駅にお越しください。
上日川峠までは09:50甲斐大和駅発のバスにご乗車ください。(上日川峠バス停10:31着)
下山後は14:00発のバスを利用すると、甲斐大和駅に14:45到着になります。
上日川峠行きバス情報

【マイカーの場合】
中央高速勝沼ICもしくは大月ICから40-60分程度、上日川峠の無料駐車場(120台)に駐車して、集合場所にお集まりください。

乗鞍岳
【電車利用の場合】
特急スーパーあずさ1号(9:39松本着)などを利用し、JR松本駅にお越しください。
乗鞍高原観光センターまでは10:10松本駅発の松本電鉄に乗り、新島々駅でバスに乗り換えてお越しください。(乗鞍高原観光センター11:42着)
下山後は16:13発のバスを利用し、新島々駅で松本電鉄に乗り換え、17:52松本駅着になります。
松本-乗鞍高原のバス・電車情報

【マイカーの場合】
長野自動車道・松本ICから国道158号線を経由し、「前川渡」信号を左折して乗鞍高原観光センター駐車場へお越しください。(松本ICから約50-60分)

 

その他

キャンセル料金について cancel.gif
日程変更について 特になし。
開催中止について 大雨警報発令時、台風接近時など悪天時は中止となります。
中止の際は、前日20時までに中止の連絡を致します。
その他

【アイゼンの携行について】
乗鞍岳開催時、残雪が多い場合は軽アイゼンが必要になる場合があります。
詳しくは申込時にお伝えします。装備のレンタルも可能です。 レンタル品についてはこちらでご確認下さい

 

タイムスケジュール

大菩薩嶺

1日目

10:40 ロッジ長兵衛前・集合(宿泊装備を預けられます)

11:00 登山開始

 途中適地にて昼食

13:30 大菩薩嶺・山頂

15:00 ロッジ長兵衛・帰着

 夕食までビデオチェックと復習

18:00頃 昼食

21:00頃 就寝予定

2日目

04:30 起床・朝食

06:30 登山開始

10:00 大菩薩峠

11:40 大菩薩嶺

13:45 ロッジ長兵衛・帰着解散

14:00 甲斐大和駅行きバス

  • 天候が優れない場合は、登頂せず、標高の低い場所で講習を行います。
  • 雨天・強風時は上高地など、乗鞍岳周辺で天候の影響の少ない場所で講習を行います。

乗鞍岳

1日目

11:45 乗鞍高原観光センター・集合

 車で移動

12:15 休暇村駐車場から登山開始

 牛留池周辺で昼食

15:30 三本滝レストハウス

15:45 バス乗車

16:10 位ヶ原山荘到着

 夕食まで講習

20:00頃 就寝予定

2日目

04:30 起床・朝食

06:00 登山開始

08:00 大雪渓にて講習

11:00 剣ヶ峰山頂

12:30 大雪渓・肩の小屋口

15:15 位ヶ原山荘よりバス乗車

15:55 乗鞍高原観光センター・解散

  • 天候が優れない場合は、登頂せず、標高の低い場所で講習を行います。
  • 雨天・強風時は上高地など、乗鞍岳周辺で天候の影響の少ない場所で講習を行います。

 

山小屋宿泊ツアー装備・服装リスト

山小屋宿泊ツアー装備・服装リストは、下記ページに掲載しています。

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

代表ガイド 野中径隆代表ガイド 野中径隆

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報をご確認ください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 申込フォームに入力して、送信してください。

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 

※ダウンロード方法  : ファイル上で右クリック ⇒ 対象をファイルに保存

※上記以外の方法でも受け付けています

  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。もしくは、印刷してFAX(24時間受付)するか、郵送する。( FAX番号、郵送先はこちら

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る