(必携)の服装、装備については必ずご持参ください。

万が一、必携の服装・装備に忘れ物や不備が確認された場合、参加をお断りさせて頂きますので、ご注意ください。

 LISでは、参加者の皆さん向けに登山装備のレンタルを行っています。是非ご活用下さい。

 

服装(必携)

アルパインウェア
上下(冬山用)
雪山用のアルパインウェア上下をご用意ください。
危険性が高いためレインウェアでの参加は出来ません。
中間着を中に着込めるゆとりあるサイズをご用意ください。
アンダーウェア
インナーウェア
氷点下の気温では、汗で下着が濡れたままの状態は凍傷や低体温症を招き、大変危険です。
直接肌に触れるアンダーウェア(下着)と、インナーウェア(長袖シャツ・タイツ)は雪山登山に適応した保温力のある化学繊維やウール素材のものを必ずご用意下さい。
夏用の清涼素材のアンダーシャツやサポートタイツは不適です。
中間着
防寒着

厚手のフリースジャケットなどの中間着と、ダウンや化繊綿の防寒ジャケットをご用意ください。
ダウンなどの防寒着は夏山用ではなく、雪山用の綿量が多く保温力が高いものをご用意ください。

ズボン 冬山用の厚手の素材でなくても構いません。
タイツやアルパインウェアに保温力があればスリーシーズン用の登山用ズボンでも構いません。
手袋

素手にならなくても、食事をしたり、靴紐を結んだりすることが出来る薄手の手袋と、
保温性と防水性のある(撥水ではなく防水)オーバーグローブを必ずお持ち下さい。

靴下 厚手の登山用のソックス。特に保温力の観点からウール素材がオススメです。予備を一足忘れずに。
帽子

保温用の耳が覆えるニット帽を必ずご用意ください。

ネックウォーマー 残雪期のため目出し帽は不要ですが、顔の露出部分をしっかり覆うことが出来るネックウォーマーをご用意ください。
しっかり鼻まで覆って紐などで調整できるタイプをご持参ください。
  • 冬の八ヶ岳では夜間の最低気温が-15℃から-20℃程度になる場合があります。
    このような気温を想定して、ウェア類のご用意をお願いします。

持ち物(必携)

登山靴 冬山用登山靴、防水、防寒性を備えたものをご用意ください。
良く履き慣らしておくことをオススメします。
アルパインスパッツ
★レンタルあります!
アイゼンの爪で破れないように厚手のスパッツをご用意ください。
可能であれば雪山用の前開きのスパッツが便利です。
ザック 避難小屋泊まり50L程度、テント泊60~70L程度。
ザックカバー ザックを雪の濡れから守るカバーです。
2日以上の登山では、なるべくザックが濡れないように、忘れず持参しましょう。
テント
★持参の方のみ
テント設営に必要なものを必ず事前にご確認をお願いします。テント本体・フライシート・ポール・張り綱・スノーアンカーなど。
張り綱を延長したい場合などに備えて、2mmの細引きを5mほどを追加で持参することをオススメします。
またテントが濡れた時を想定し、テントとフライシートを収納できるビニール袋か防水スタッフバック(推奨)をお持ちください。
寝袋(シュラフ)
★レンタルあります!
テント泊する場所の最低気温を把握し、十分な保温力のある寝袋を用意して下さい。
個人用マット
★レンタルあります!
保温性、弾力性のあるマットを寝袋の下に引くことで、はじめて快適に眠ることが出来ます。
空気で膨らませるエアーマットより、厚みのあるウレタン製のマットがオススメです。
登山では全身(身長)サイズのものはかさ張るので、半身用(90~150cmくらい)のものがオススメです。
食器類 食事の際に使います。
汁物やお茶を飲むためのカップ、ご飯とおかずを入れる器(2つ)、箸、スプーン
おかずを入れる器は食器の蓋でも大丈夫です。
なるべくかさ張らない方がいいので、登山用のものをおすすめします。
ナイフ 主に食材を切ることに使いますので、十得ナイフのようなものよりも、刃がしっかりとしたナイフがオススメです。
ヘッドランプ
★レンタルあります!
夜間の照明として、また夜明け前や日没近くなった時間の行動に必ず必要です。
予備電池を忘れずに
水筒 行動中の飲み物を入れるもの。
一人1.5Lくらいを目安にお持ち下さい。暖かい飲み物を入れられるよう保温性のある水筒(容量500ML程度)があると良いでしょう。
食料・行動食(おやつ) 1日目夕食、2日目朝食・夕食、3日目朝食の合計4食分の食料(アルファ米やフリーズドライ食品など)と、3日分の昼食(パンやカロリーメイトなど)と、行動食として適宜食べるもの(ビスケット、ナッツ、チョコレート、ゼリー飲料、飴など)各自で必要な分の食料・行動食をお持ち下さい。
行動中は原則的にお湯を沸かさずに手早く食べられるもの、低温下で凍らないものをお持ち下さい。
ビニール袋 ゴミ袋として、また、濡れては困るものの防水パック用として、大小各数枚お持ち下さい。
タオル・手ぬぐい 2枚ほど。汗を拭いたり、首に巻いて雪焼け対策にも使えます。
ティッシュ お手洗いで使う場合もあります。
洗面用具 歯ブラシ(山では歯磨き粉なしで磨くようにしましょう)
また、山小屋では水が貴重なため、手を洗いたい、洗面をしたい時用に、ウェットティッシュがあると便利です。
健康保険証 万一に備えてお持ちください。身分証明書にもなります。
腕時計 どんなものでもOKです。濡れたり汚れたりしても大丈夫なものが良いでしょう。
携帯電話 携帯電話が通じる場合がありますので、緊急時に役立ちます。
写真撮影やGPSなどを利用する場合は、予備バッテリーを持参して下さい。
日焼け止めクリーム 雪山は紫外線が反射して、晴天時はとても日焼けしやすい状態になります。
無防備で登山するとヤケド状態になりますので男性の方も日焼け対策を忘れないようにしましょう。
サングラスとゴーグル 紫外線が強いため、特に下山後に車を運転される方は目を紫外線から保護しましょう。
森林限界を超える場所では風があるとゴーグルが必ず必要になります。
ピッケル
★レンタルあります!
雪山での滑落停止の為に使います。
スノートレッキング用の軽量なピッケルではなく、登山用のピッケルをご用意ください。
アイゼン
★レンタルあります!

10本爪以上、前爪の出ているアイゼンをご用意ください。
前爪の短いハイキング用の10本爪アイゼンでは参加できません。
靴との相性が合ったものを購入し、雪山でも手早く装着できるよう、練習をしてきて下さい。

ヘルメット
★レンタルあります!
頭部の怪我を防ぐヘルメットです。
登山・クライミング用のヘルメットをご用意ください。
アルパインハーネス
★レンタルあります!
登山中に安全を確保するため、ザイル(登山用ロープ)で確保する場合があります。
そのため、ザイルを連結するためのハーネス(安全ベルト)をご用意ください。
アイゼンを装着した状態でも着脱可能な、アルパインハーネスをご用意下さい。
地図・コンパス 興味のある方には、地図とコンパスの使い方を簡単にご案内します。
準備される場合は「昭文社・山と高原地図」などをご用意下さい。
使い捨てカイロ 必要であれば。
  • ピッケル・アイゼン・ヘルメット・ハーネスなど、商品選びが難しいものは、遠慮なくご相談ください。

共同装備について

炊事道具など

新型コロナウィルスの感染防止対策として、簡易的な共同炊事を行います。

炊事用の鍋、ストーブ、燃料、2食分のスープ用の食材のみガイドが用意します。
主食とおかず(アルファ米とレトルトやフリーズドライ食品など)は4食分を各自で必要な量ご持参いただき、共同で沸かすお湯を使って自分で用意したものを食べて頂く形になります。夕食時のみ、スープ(汁物)を共同で作りますので、200㏄程度が入るカップをご持参ください。アレルギーや食べられない食材がある場合は申込時にお伝えください。

鍋・ストーブ・燃料・食材は共同装備になりますので、登山開始前に参加者の皆さんで分担して持って頂きます。
そのため、ザックは個人用の装備以外にも荷物が持てる少しゆとりのあるものをご持参下さい。

分担の目安として共同装備の分担が1人0.5-1kg以内、燃料・食材が0.5-1kg程度になります。
個人装備に加えて、1-2kg程度荷物が増えることになるとお考えください。
一人あたりの分担量については、宿泊日数やメンバー構成で変動します。
また、参加された方の年齢、体力、テント泊経験を考慮して分担量を決めています。

あると便利!な物

以下は、必携の装備ではありませんので、持参については各自でご判断ください。

雪崩ビーコン 雪崩の危険性が少ない場所においても、お持ちでしたらご持参下さい。
お持ちでない方はご持参の必要はありません。
トレッキングポール
★レンタルあります!
脚力に不安がある方、膝・腰が弱い方は、両手に持つタイプのトレッキングポールの使用をおススメします。
雪山用の「スノーバスケット」の着用をお忘れなく!
フットウォーマー・中綿パンツ テント・避難小屋内で暖かく過ごすためグッズです。
フットウォーマー、中綿パンツ共に、大きく分けて二種類(化繊綿orダウン)あります。
寒さが苦手な方、冷え症の方などにオススメです。
寝袋カバー
★レンタルあります!
ダウン製の寝袋は湿気に弱く、濡れると著しく保温力が失われます。
冬は特にテント内が結露することが多く、テント内の床や壁面の生地が濡れていると寝袋もどんどん濡れてきます。
二泊以上の宿泊時で、はっ水性の生地ではないダウン製寝袋を持参する方は、カバーと併用することをオススメします。
耳栓or携帯ミュージックプレイヤー 山小屋での快眠グッズです。
リラックスできる音楽があると就寝時に役立ちます。周囲への音漏れに注意して使用しましょう。
防水スタッフバック 荷物を小分けする防水袋が登山用品店で販売されています。
ビニール袋は使用時に破ける可能性があり、また消灯後の山小屋ではビニールのカサカサ音が周囲の迷惑になります。
特にデジタルカメラや携帯電話などは、気密性が高くクッション素材が内蔵されたタイプが防水・耐衝撃性があって良いでしょう。
常備薬 必要であれば。
カメラ ご自由にお持ち下さい。雨や雪に濡れないように袋やケースなどをお忘れなく。
※備考

帰路、温泉で入浴を希望される方は、最低限の下着の着替え・タオルなどの入浴セットをご用意下さい。

レンタルが可能な装備品

参加者の皆さん向けに登山装備のレンタルを行っています。

初めてのトレッキングで全ての装備を揃えるのは大変だと思いますので、是非レンタルをご活用下さい。

 

雪山テント泊・避難小屋泊ツアーの開催予定

「ガイドツアー・講座・講習会 開催スケジュール」で確認して下さい。

また、プライベートガイド(お客様からのご依頼・ご要望に応じてオリジナルプランを企画して実施するガイドツアー)の依頼も受け付けています。

 

Pocket
LINEで送る