北アルプス最奥・雲ノ平と黒部源流を巡る

kumonotaira04
kumonotaira03
kumonotaira02
kumonotaira05
kumonotaira01
fall_kumonotaira04.jpeg
fall_kumonotaira20
fall_kumonotaira11.jpeg
fall_kumonotaira13.jpeg
fall_kumonotaira14.jpeg
fall_kumonotaira01.jpeg
fall_kumonotaira15.jpeg
fall_kumonotaira18.jpeg
fall_kumonotaira19.jpeg
previous arrow
next arrow
kumonotaira04
kumonotaira03
kumonotaira02
kumonotaira05
kumonotaira01
fall_kumonotaira04.jpeg
fall_kumonotaira20
fall_kumonotaira11.jpeg
fall_kumonotaira13.jpeg
fall_kumonotaira14.jpeg
fall_kumonotaira01.jpeg
fall_kumonotaira15.jpeg
fall_kumonotaira18.jpeg
fall_kumonotaira19.jpeg
previous arrow
next arrow

 

北アルプス最奥の秘境、現代に残された桃源郷を目指して

日本で「最も登山口から遠い山小屋」で知られる高天原山荘と高天ヶ原温泉を目指して、黒部源流域の山々を歩きます。
雲の平と高天原一帯は、黒部川の源流域にあたり、1泊や2泊の登山では訪れることが難しい、文字通り「秘境」と呼ぶにふさわしいエリアです。
しかしながら、どうしてもお盆や夏の連休は多くの登山者が集中します。
せっかくこのエリアに訪れるなら「秘境感」を味わってもらいたいので、混雑を避けた時期にガイドツアーを開催しています。

そんな「秘境」に時間と労力をかけてわざわざこの時期に訪れるのにはワケがあります。

michimichi

夏には雲の平・高天原周辺の湿原に咲く無数の高山植物を愛でながら歩くことが出来ます。
秋には岳樺(ダケカンバ)の黄葉、ナナカマドの紅葉、草紅葉など、植物たちが様々な色を見せる錦秋の世界となります。
異次元の世界に迷い込んだような奥深く豊かな自然の景色を随所に見ることが出来る山域なのです。

昨年までは新穂高からの同一ルートで4Days・5Daysのみを開催していましたが、2024年より高瀬ダムから裏銀座縦走を経て雲ノ平を目指す5Daysなど複数のルートから入山するツアーを開催します。
夏も秋もどちらの季節も景色が素晴らしいですが、違いとしては7月の方が暖かいですが、その分ブヨなどの虫対策が必要になります。

稜線からの山岳展望、雲の平周辺の湿原のお花畑や紅葉、黒部源流域の渓谷美など、変化にとんだの景勝地を巡る盛り沢山のツアーです。
気象状況を見て、柔軟にスケジュールやルートの調整を行い、登山を安全に実施していきます。
標高差があり、1日の行程も長いですので、高低差のある長時間の登山への慣れと、体力が必要になります。
ご参加に当たり、不安なことがありましたら遠慮なくご相談下さい。

装備の軽量化などのアドバイスも随時行った上で、万全の状態で登山当日を迎えられるようお手伝いさせて頂きます。

この雲ノ平から高天原に至る黒部源流エリアは個人的にとても思い入れのある場所です。
景色が素晴らしいとか、そういった次元ではなく、言葉にならない体感を、初めてこの地を訪れたときに得ることが出来ました
今のツアーとは少しルートが異なりますが、その時の体験をブログ記事に書いています。
また、2021年の秋ツアーの様子もブログ記事にしています。よかったらご覧になってみてください。

ご参加にあたっての注意点

通常の登山道よりも北アルプスの岩交じりの段差の大きい登山道は体力的な負担が大きくなります。
日常的に低山や標高差の少ないルートを歩いているだけの場合、大きな負担が予想されます。

ツアー前には累積標高差2000m(1000m登って、1000m下る)程度の登山を行い、新穂高から5Daysツアーにご参加の方はコースタイムの1.3倍以内、裏銀座縦走5Daysと新穂高から4Daysツアーにご参加の方は1.1倍以内の時間で歩けるようにご準備ください。
また、ルート上に岩が多くポールが使いにくい箇所が存在しますので、普段の登山で常にダブルポールを使って歩いていている方には体力的な負荷が大きくご参加が難しい可能性があります。
ツアー参加に必要な体力度やトレーニングについて、さらに詳しいことを知りたい方はお問い合わせをお願いします。

参加者の声

⇒ SNS(twitterなど)の参加者レポートはこちら掲載しています
雲ノ平と黒部源流岳 2022年9月25-28日
Read more . . .
 
雲ノ平と黒部源流岳 2022年9月25-28日
Read more . . .
 

【動画】2021年秋ツアーで撮影した写真のフォトムービー


2021年開催のツアーの写真をまとめました<再生2分55秒・音楽あり>

ツアー情報

体力度 裏銀座縦走5Days ルート定数「132」 
新穂高から5Days ルート定数「116.6」
新穂高から4Days ルート定数「116.6」
技術度

C

2024年
募集日程

裏銀座縦走5Days 7月24-28日(水-日)
紅葉5Days 9月下旬開催予定
7月日程は5月31日(金)20時募集開始です。※19:59以前に届いた申込は翌日0:00に申し込みが届いたものとして取り扱いますのでご注意ください
5月31日-6月2日はガイドツアー中のため申込受付の返信は6月3日に行います。

参加料金
(/1人)

裏銀座縦走5Days 75,000円
新穂高から4Days 
新穂高から5Days 

参加料金詳細 <料金に含まれるもの>ガイド料、傷害保険料
・参加者個人の交通費・宿泊費は各自のご負担となります。
・割引についてはこちらのページをご覧ください。>>>
参加対象
(応相談)
18~70歳
過去1年以内に標高差1500m以上のアルプス登山の経験があること。
また、岩場があるためポールを使う場合も1本使用のみで歩ける方
(ダブルポールでしか歩けない方のご参加は難しいです)

新穂高から5Daysは累積標高差2000m程度のコースを標準コースタイムの1.2倍以内のペースで歩ける方
裏銀座縦走5Daysと新穂高から4Daysは累積標高差2000m程度のコースを標準コースタイムの1.1倍以内のペースで歩ける方
講師・ガイド 野中径隆(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド) 
参加定員

5名
申込が多い場合定員を増やし、ガイド2名体制で開催する場合があります

最少催行人数

4名

 

集合情報

集合場所・時刻 

裏銀座縦走5Days 七倉山荘前 05:30
新穂高から5Days 新穂高温泉バス停 07:40
新穂高から4Days わさび平小屋 前日17:00 ★新穂高温泉登山口からわさび平小屋までは各自で前日入りをお願いします

集合場所・住所 裏銀座5Days 長野県大町市
新穂高から4Days・5Days 岐阜県高山市
アクセス情報 【裏銀座縦走5Days】

【マイカー利用の場合】
登山口と下山口が異なるため、松本駅周辺に駐車しておくのが理想的だと思います。

【電車利用の場合】
JR信濃大町駅から乗合タクシーなどで七倉山荘までお越し下さい。
早朝集合のため原則的に七倉山荘に前泊をお願いします。

【高速バス利用の場合】
信濃大町行きの高速バスが出ています。

【新穂高から4Days・5Days】

【マイカー利用の場合】
長野自動車道・松本ICから国道158号経由で平湯、国道471号で栃尾経由、県道475号で新穂高温泉までお越しください。
ICから90分ほど
東海北陸自動車道・高山ICから国道158号経由で平湯、国道471号で栃尾経由、県道475号で新穂高温泉までお越しください。
ICから70分ほど。
新穂高温泉の駐車場について
新穂高温泉には登山者用駐車場が複数ありますが、集合場所である新穂高温泉バス停近くの登山者用駐車場は満車になることが多いです。
鍋平などの離れた駐車場に車を置いた場合、集合場所まで30-40分ほど歩く必要がありますのでお車の方は時間に余裕を持ってお越しになることをオススメします。

【電車利用の場合】
JR松本駅、高山駅からバスでお越しください。
新穂高温泉まで直通のバスと、平湯温泉で新穂高温泉行きに乗り換えて移動することも可能です。

【高速バス利用の場合】
大阪・名古屋から高山行きの高速バスや、新宿から新穂高行きの高速バスなどが出ています。
登山者用の臨時バスなども運行されていますので、運航日を確認してご利用ください。ただし、夜行バス利用の場合、バスの中で眠れない方は体調不良の原因になるため利用を避けて頂くようお願いします。
なお、新穂高から5Daysツアーではガイドは平湯温泉に前泊しますので、集合前に平湯温泉から新穂高温泉まではガイド車に同乗可能です

 

その他

キャンセル料金について
〈募集ツアー・講習会〉
キャンセル期間
キャンセル料金
申込~60日前
20%
59日~40日前
30%
39日~20日前
50%
19日~10日前
60%
9日~4日前
70%
3日~2日前
80%
前日・当日
(及び連絡なし)
100%
日程変更について 特になし
開催中止について 大雨警報発令時、台風接近時など悪天時は中止となります。
中止の際は、5Daysは前日19時まで、4Daysは前日AM6時までに中止の連絡を致します。
その他

【山小屋情報】
双六小屋・三俣山荘は談話室で、高天原山荘は受付にて充電が可能です。
高天原山荘では徒歩20分ほどにある温泉が利用出来ます。男湯・女湯(脱衣所ありの内湯)と露天風呂がありますので、女性の方も入浴しやすい環境です。石鹸やシャンプーは使えません。タオルは現地で購入可能です。
山小屋宿泊料金については各山小屋のホームページをご確認下さい

【飲料について】
新穂高からのツアーは行程の途中のわさび平小屋、秩父沢出合、鏡平山荘、双六小屋、三俣山荘、雲の平山荘、高天原山荘で、裏銀座縦走のツアーは行程の途中の烏帽子小屋、野口五郎小屋、水晶小屋、雲の平山荘、高天原山荘、三俣山荘、双六小屋、わさび平小屋で水が確保できます。(一部有料)
行程中は最大1L程度を携行できるように水筒をご用意ください。

【荷物預けについて】
登山口に荷物を預けることが出来る場所がありません。
新穂高からのツアー時は下山後の着替えなどはわさび平小屋か鏡平山荘に預けることをご検討ください。また、双六小屋もしくは三俣山荘に荷物をデポして帰路に回収することも可能です。置いていく際に荷物を分けられる袋などをご用意ください。

【持参装備補足情報】
 沢沿いのルートなど地面が濡れている箇所を通りますので、ロングタイプのフットスパッツ(ゲイター)を必ずご持参下さい。

【昼食について】
山小屋は原則1泊2食で宿泊し、朝食はお弁当になります。(最終日の双六小屋のみ小屋で朝食)
昼食は持参したものを食べても構いませんが、長期登山になりますので、お昼ごろに山小屋に立ち寄る場合は山小屋の昼食メニューを食べることが可能です。(スケジュール表にお昼休憩30分と記載しています)
お昼ごろに山小屋に立ち寄れない場合は、前日宿泊する山小屋でお昼用のお弁当を頼むこともできます。
なお、山小屋でお湯をもらえます(一部有料)ので、保温水筒があると便利です。
行動食も全て持参すると荷物が重くなりますので、立ち寄る山小屋で昼食・行動食を購入して補充することとし、出来る限り持参装備は軽量化されることをおススメします。

【入浴について】
高天原温泉は囲いのある男女別内湯と露天風呂があります。ただし、湯温の調整が難しく内湯がぬる過ぎたり熱すぎたりして入りづらい場合もありますので予めご了承ください。
露天風呂が湯温が安定して入りやすい場合もあるので水着や湯あみ用のウェアを持参することもご検討ください

【装備のレンタル】
 レンタル品についてはこちらでご確認下さい

 

タイムスケジュール

裏銀座縦走5Days

1日目

05:30 七倉山荘前・集合

高瀬ダムへタクシー移動

06:00 登山開始

13:00 烏帽子小屋 到着

小屋に荷物を置いて烏帽子岳往復 約2時間

18:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

2日目

03:30 起床・登山準備

04:30 烏帽子小屋出発

野口五郎岳岳経由

12:20 水晶小屋 到着 30分昼食休憩

水晶岳往復(1時間半)

17:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

3日目

02:30 起床・出発準備

03:30 水晶小屋 出発

04:20 ワリモ北分岐(荷物デポ)

鷲羽岳往復

06:50 ワリモ北分岐出発

09:15 雲ノ平山荘 30分昼食休憩

13:00 高天原山荘 到着

30分昼食休憩、その後竜晶池散策・入浴タイム

17:30 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

4日目

03:00 起床・出発準備

03:45 高天原山荘 出発

途中・水晶池往復

08:00 岩苔乗越

黒部源流経由

10:00 三俣山荘 30分昼食休憩

13:30 双六岳山頂

14:30 双六小屋 到着

17:30 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

5日目

04:30 起床・出発準備

06:15 下山開始

08:25 鏡平山荘

12:00 わさび平小屋

13:20 新穂高温泉下山・解散

13:40 松本バスターミナル行きのバスあり。

全日程、休憩時間を含めて標準コースタイムの約1.3倍で行動予定です

1日目 行動7時間(+山頂往復2時間)
2日目 行動7時間50分(+山頂往復2時間30分)
3日目 行動6時間30分(+竜晶池と温泉往復1時間30分)
4日目 行動10時間15分
5日目 行動6時間50分

新穂高から5Days

1日目

07:40 新穂高温泉バス停・集合

09:30 わさび平小屋

14:50 鏡平山荘 到着

18:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

2日目

03:30 起床・登山準備

04:30 鏡平山荘出発

07:30 双六小屋

09:10 双六岳

  三俣蓮華岳経由

11:40 三俣山荘 到着 30分昼食休憩

  鷲羽岳往復(2時間半)

17:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

3日目

03:00 起床・出発準備

04:00 登山開始

08:30 雲の平山荘

12:00 高天原山荘 到着

  30分昼食休憩 その後竜晶池散策・入浴タイム

15:00 高天原山荘 帰着

17:30 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

4日目

03:00 起床・出発準備

04:00 登山開始

  途中水晶池立ち寄り

09:10 岩苔乗越

  黒部源流経由

11:10 三俣山荘 30分昼食休憩

14:25 双六小屋 到着

17:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

5日目

04:30 起床・出発準備

06:00 下山開始

08:20 鏡平山荘

13:20 新穂高温泉下山・解散

13:40 松本バスターミナル行きのバスあり。

全日程、休憩時間を含めて標準コースタイムの約1.4倍で行動予定です

1日目 行動7時間
2日目 行動7時間10分(+空身山頂往復2時間30分)
3日目 行動8時間(+竜晶池温泉往復1時間30分)
4日目 行動10時間25分
5日目 行動7時間20分

新穂高から4Days

1日目

 【前日17時わさび平小屋集合】

04:30 わさび平小屋・登山開始

09:00 鏡平山荘

11:30 双六小屋 30分昼食休憩

 巻き道ルート経由

15:00 三俣山荘

18:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

2日目

04:00 起床・出発準備

05:00 登山開始

07:00 鷲羽岳

10:30 水晶池

11:30 高天原山荘到着

 30分昼食休憩 竜晶池散策・温泉入浴

17:30 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

3日目

03:00 起床・出発準備

05:00 登山開始

 高天原峠経由

09:15 雲の平山荘

13:30 三俣山荘 到着

 昼食休憩・自由時間

17:00 夕食・翌日準備

20:00 就寝予定

全日程、休憩時間を含めて標準コースタイムの約1.2倍で行動予定です

4日目

03:00 起床・出発準備

04:00 登山開始

05:15 三俣蓮華岳

06:45 双六岳

07:45 双六小屋

11:00 鏡平山荘 30分昼食休憩

15:50 新穂高温泉下山・解散

16:55 平湯温泉行きのバスがあります

新穂高温泉他で日帰り入浴可能

※天候などの理由によりルートや宿泊の山小屋など、行程を変更して実施する場合があります。

山小屋宿泊ツアー装備・服装リスト

山小屋宿泊ツアー装備・服装リストは、下記ページに掲載しています。

ツアー・講習会共通の参加特典

相談はいつでも無料

michimichi

登山装備の購入やその他登山準備に関する電話・メールでの相談を随時承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい!

ガイドが撮影した写真のデータをプレゼント!

参加後に、ガイドが撮影した写真データをWEBアルバムに掲載して、メールでお知らせをお送りしています。

(※ ツアー開催後、3ヶ月以内を目安に掲載しております)

>>>詳しくはこちら

LINE公式アカウントのご案内(特典など)

LISでは2つのLINEアカウントがあります。

  • ① 「ネイチャーガイド・リス 公式LINEアカウント」
  • ② 「LIS・直前空席情報お知らせ LINEアカウント」

 

①「ネイチャーガイド・リス 公式LINEアカウント」の特徴・特典

michimichi

「ネイチャーガイド・リス公式LINEアカウント」は、従来から登山のお役立ち情報やガイドツアー情報などを配信していたメールマガジンの後継として設けました。「早期申込」特典など様々な登録特典がありますので、ぜひご活用ください!

  • (NEW!) 登録者はガイドツアー・講習会を1日早く申し込める「早期申込」が可能詳しくはこちら
  • ガイドツアーの開催予定情報・登山のお役立ち情報等を月1回程度配信
  • 動画数60以上の「登山WEB教室」の完全版を閲覧可能(詳しくはこちら

友達追加お待ちしてます!(いつでも解除可能です)

 \ 👇こちらからご登録ください /

 

②「LIS・直前空席情報お知らせ LINEアカウント」の特徴・特典

michimichi

人気の講習会(山の歩き方講習会など)やツアーでは、募集開始まもなく満員となることがあります。しかし、申込者の様々なご事情(ケガ・体調不良)により、開催日近くでキャンセルが発生する場合があります。

空席情報を早く知りたい方のためのLINEとなります。満席になってしまった日程への参加を希望される方は、こちらも併せてご登録をおすすめします。

  • 「キャンセルによる空席情報」を即時配信します。(いち早く空席情報を受け取ることが出来ます)(詳しくはこちら
  • ※受付は申込み連絡が早かった方からの”先着順”になります。
    ⇒ 
    申込みにより空席情報に変更が出た場合は「空席情報ページ」にお知らせします。詳しくはこちら

\ 👇こちらからご登録ください /

 

申し込み方法

  1. このページのツアー詳細情報を確認してください。
  2. 下部のツアー規約をダウンロードして内容を確認してください。
  3. 参加者一人につき、1件ずつ申込フォームを入力して、送信してください。
  4. 募集開始日時以降に申し込みをお願いします。
    LINE登録特典の「早期申込※」を利用する場合は募集開始日時の24時間前から、「優先申込※」を利用する場合はホームページに情報掲載後いつでも申込可能です

※早期申込・優先申込
通常の申込とは異なり、募集開始日時前に申込みできる早期申込と優先申込があります。詳しくはこちらをご確認ください

分からない点などがございましたら、お問い合わせフォーム よりご連絡下さい。

 

 

 ※上記以外の方法でも受け付けています
  1. ” Excelファイルの申込書 ”をダウンロードし、入力する。 (※Excelファイルが開けない方はこちら
  2. 申込書に記載されたアドレス宛にメール添付で申込書を送る。

※ 申し込みは、先着順となりますので、残席が少ないツアーなどは申し込み前に一度電話でご連絡ください。